圧巻!名古屋の夜景。ミッドランドスクエア最上階の展望台

名古屋駅前にあるミッドランドスクエア。映画館やカフェ/レストラン、その他様々なショップが入っていますが、オフィス棟の最上階には「スカイプロムナード」と呼ばれる展望台があります。名古屋の街並みを一望でき、特に夜景が圧巻です。

今回はこの、ミッドランドスクエア・スカイプロムナードの見どころをご紹介します。

営業時間および展望台への行き方

営業時間は?

まずスカイプロムナードの営業時間ですが、基本的には11:00~22:00(最終入場21:30)。ですが夏と冬は若干違っており、7~9月は11:00~23:00、1~2月は13:00~21:00となっています(いずれも最終入場は30分前まで)。

展望台への行き方

展望台は映画館がある商業棟ではなく、隣のオフィス棟の最上階にあります。

下の地図のマークの位置にオフィス棟の入口があり、そこから入るのがわかりやすいでしょう。

オフィス棟に入ると”シャトルエレベーター”なるものがあるので、それで42階まで一気に上がります。

オフィス棟入り口の風景

42階にチケット販売機があるのでそこでチケットを購入。チケットは750円です。

チケット購入後、係の方の誘導に従って進むとエスカレーターがあり、46階まではエスカレーターで上がっていきます。

展望台からの眺め

展望台は44階から46階まで吹き抜けになっており、広々とした空間になっています。また、屋根がないので外気を感じられ、臨場感がかなりあります。

窓際にぐるっとほぼ一周通路があり、そこから景色を眺めながら進んでいきます。

展望台。屋根がない・・・。

今回は冬に訪れたということもあるのか、結構空いていました。日曜日の18時ころだったので、もう少し混んでいるかと覚悟していたのですが、おかげでゆっくりと景色を堪能することができました。

来ている方々は、老若男女、家族連れ、カップル、おひとり様など様々。もっとカップルだらけでおひとりの私はいたたまれなくなるかも、とか少し心配していたのですが杞憂でした。

東側通路

さて、ここからは展望台から見える風景を紹介していきます。大都市の夜景を間近で見られるため、大迫力の景色が広がります。なかなかの写真スポットです。

北に見える景色

北側の夜景

写真左下に見えるビルが「大名古屋ビルヂング」、その少し横、写真中央を縦に大通りが通っていて光の川のようになっています。

東に見える景色

東側の夜景

横に通っているオレンジに光る道路は「名古屋高速都心環状線」。縦に通っているオレンジに光る道路は環状線に入るランプですね。

また、写真の左に見える縦に伸びる大通りは、名古屋駅前から延びる「桜通」です。名古屋駅は写真の左手の方向になります。

南に見える景色

南側の夜景

中央を下から上に通っている道路は駅前の大通り「名駅通」。そして通りの右側、写真下に写っているのが名鉄の駅ビルです。また名鉄の駅ビルの向かいに見える変わった形のビルは「スパイラルタワーズ」と呼ばれるビルで、螺旋の形状をしたビルです。

西に見える景色

西側の夜景

名古屋駅に併設されている「JRセントラルタワー」ですね。圧倒的存在感、大迫力です。今回見た中で一番好きな風景です。

ミッドランドスクエアのオフィス棟ってどんなビル?

下の写真は、この展望台があるビルをほかのビルから撮影したものです。上の方に赤矢印のあたりがスカイプロムナードになります。周りのビルより頭一つ高い感じですね。

ちなみにこの写真、「三井ガーデンホテル名古屋」のフロント(18階)から撮った写真です。三井ガーデンホテルは前日泊まったホテルで、高層階に客室があり、眺望を売りの一つにしているホテルです。

ミッドランドスクエアのオフィスタワー

まとめ

展望台への入場料750円の価値はあると思います。今回は夜景を見に行ったのですが、昼間の景色も大迫力なのでは?と思える風景でした。次回行くなら昼間の時間をチョイスします。

これまで山頂からの夜景とかはよく見てきたのですが、やはり大都会の夜景を間近で見るのは迫力が違いますね。他の都市の夜景スポットも今後探索していきたいと思います。

ミッドランドスクエアにあるスカイプロムナードは、入場料を払ってでも見に行く価値のある展望台でした。ミッドランドスクエアの商業施設を利用した際、あるいは映画を見に行く際にはぜひ、この展望台に足を運んでみてください。大迫力の景色を堪能することができます。

関連:ミッドランドスクエアにある映画館の紹介 「プレミアムシートが快適。ミッドランドスクエアシネマ(名古屋)」