【宿泊レビュー】大浴場付きホテル in 名古屋 「ダイワロイヤルホテル D-CITY名古屋伏見」

名古屋駅から地下鉄東山線で一つ目の駅、伏見駅を出てすぐにあるホテル。
開業が2019年4月で建物は新しくてきれい、大浴場が付いており、名古屋で宿泊する際はよく利用します。今回はそんな「ダイワロイヤルホテルD-CITY名古屋伏見」を紹介します。

このホテルは、フロントでチェックインした後、アメニティを選んで持っていくスタイルとなっています(シャンプーのみ部屋にある)。建物内は今風でかっこいいです。例えば、エレベータホールはこんな感じ

エレベーターホール

モダンな雰囲気の客室

ビジネスホテルでは珍しいと思いますが、入り口で靴を脱ぐようになっています。床はフローリング。室内の照明は暗すぎず明るすぎず、間接照明がいい感じです。部屋に備え付けられている部屋着は上着/パンツのタイプで過ごしやすい。

客室ベットまわり。写真が下手でわかりづらいが、間接照明がいい感じ。

机周りには、デスクライト、ポット、コップなど必要なものがコンパクトに収まっています。珍しいところではアイロンがありました。

非常にコンパクトなデスク周辺。壁紙が竹?の模様で、意外に落ち着く。

大浴場

大浴場はきれいですがあまり広くはありません。洗い場が5つで湯舟も5人入ったら少しきつい感じですので混雑時を避けて入ることをお勧めします。大浴場の混雑具合は部屋のテレビで見られるホテルの情報画面で確認できるので、空いている時を見計らって入りに行くことが可能です。なお、タオル類は部屋から持っていくタイプです。

まとめ

立地は地下鉄の伏見駅出口(7番出口)を出てすぐでわかりやすい。施設は新しくデザインもモダンでかっこいい。大浴場が付いていて快適に過ごせるホテルを選ぶとしたら選択しの一つになるでしょう。